リクナビ2018

新卒採用

「クレオテックで働く」ということ
若手社員のグループトーク 「クレオテックで働く」とは、どういう“会社生活”を送るということなのか──新人時代の記憶がまだ新しい入社1・2・3 年目の先輩社員に、入社して分かった職場の雰囲気や教育環境などについてフリートークしてもらいました。
座談会に出席してくれた皆さん
クレオテックを選んだ理由

教育×人とのつながり×独創性=クレオテック 実は多様な事業を展開していて、活躍のフィールドがたくさんある会社――

伊東

僕は生まれも育ちも京都市です。教育業界に興味があって、「教育業界・京都」で検索したらクレオテックがヒットしました。会社の紹介文は初め読んでもわからなくて(笑)。で、調べてみたら多種多様な事業があったので、ここならいろんな仕事ができそうだし、教育業界に貢献できるならやりがいがあると考えました。

原田

私も教育の仕事に興味があって、院生のときは非常勤講師として1年間、高校の理科教員をやっていたんです。最初は教師もいいなと思っていたけど、授業の準備をしたり、教材を研究したり、一人でやる仕事が多いことがわかりました。教育に関わりたいという漠然とした思いはあったけれど、一人でずっとやる仕事は自分に合わないなと感じました。それよりは多くの人と協力しながらつくり上げていく仕事がしたくて。説明会で「クレオテックは人と人とのつながりを醸成していく会社です」と聞いて、いいなと思いました。

松本

僕は特にどの業界で働きたいというのはなくて、どうしようかといろいろ考えていたら、そういえばクレオテックという会社があるなと気づいたんです。僕は立命館大学出身でしたから、当然クレオテックの存在を知っていました。それで「大学という場所」で働くのもいいなと思ったわけです。説明会に参加したときに、クレオテックは「1年かけて組み立てていく仕事が多い」と聞いて自分に合ってると感じました。僕はどちらかといえばエネルギッシュに突っ走るタイプというより、コツコツ慎重にやるタイプだから。

原田

私が印象に残っているのは就職活動の時のこと。説明会の日、学生が迷わないように会場までの道に社員さんが立って案内してたんです。すごく親切で丁寧な会社だなと。その印象は入社してからも変わっていません。

クレオテックらしさって?

多くの人と協力しながらつくり上げていく仕事だから温かくて丁寧な人が多いのかな――

原田

基本的に社員は皆さん真面目だし、人のために働くのが好きな人たちですよね。

伊東

とても親身になって新人をサポートしてくれる会社です。入社間もない時に、先輩が「わからないことがあったら忙しそうにしていても気兼ねなく聞いてね」とか。常に気にかけてもらっていることが感じられました。

松本

温かい人が多いよね。入社した頃、20歳も年下の新入りの僕にも変わりなく温かく丁寧に接してもらえたのが非常にありがたかったです。いま僕は衣笠キャンパスで設備管理の仕事をしていますが、立命館学園の要望や教職員・学生の皆さんの安全・快適をどう実現していくか、専門企業など様々な人と協同して進めるのが役割の中心なんですね。そういう意味では、いつ誰に何をしてもらうのか、情報伝達の確実さやコミュニケーションの丁寧さが求められる大切な仕事なのかなと感じます。

伊東

僕の所属するシステム事業課も、システムを構築するSE会社とそのシステムを使う教職員の方とをいかにつないでいくかが仕事の根幹です。両者の間で齟齬が生まれた時は、クレオテックが問題点を発見し、それを解決するための提案をしながら、円滑に調整していきます。上司や先輩は仲介役として本当にスムーズに調整されているなと感じます。

原田

クレオテックは立命館学園の意向に沿って現場の仕事がスムーズに流れるよう中継点の役割を果たすイメージですよね。私はOICで、経理と給与福利厚生の仕事をしていますが、初めから簿記の知識があるわけではありません。日々経理業務に携わり知識を身につけながら、こうすればもっと業務が効率化できますよという提案をしていく。それがクレオテックの役割ですね。

伊東

そのために先輩方は常に先を考えて行動されていますよね。次はこうなってその次はと、何個も先のことを予測して。メール送信ひとつを取っても、単純にこれをやってくださいというだけじゃなくて、それを読んだ人が、それぞれの技術レベルや立場に応じて内容をどう受け取るかまで考えられています。そういう気配りをできる力をつけていくことがクレオテックの一員としての成長につながるといつも思います。

松本

僕の部署にもスーパーマンと呼ばれる上司がいます。全体を俯瞰した上で細かな問題点を把握しておられるので、とにかく説明がわかりやすい。簡潔な図を使ったりされますね。業務の範囲が広がって仕事量も増えているのに衣笠キャンパスの設備のグループ6人全員がどんな状況なのか絶えず気配りされていて、まさにクレオテックを体現されてる方だなと尊敬しています。1週間の大半を過ごす会社の中で尊敬できる人がいるというのは非常に大きいことだと思います。

オンオフが切り替えやすいから仕事に全力投球できる

原田

あと、クレオテックは休日数が多いですよね。年間休日は132日で、プラス有給休暇が取れる。他部署の方が、連休にしてオーロラを見にカナダへ行ったと聞きました。私も長野の実家に帰ってのんびり過ごすことがあります。

松本

僕はバイクで旅をするのが好きで、道が混む土日は外して平日に休みを取っています。この間は滋賀県の白髭神社に行きました。厳島神社のように鳥居が湖面に浮いて絶景でしたね。とてもリフレッシュできました。周囲の人も休んでいる間のサポートを快く引き受けてくれますよね。

伊東

しっかり休んだら、またしっかり働こうという気持ちになる。クレオテックはオンとオフの切り替えがしやすい会社だと思います。

「私」が成長していける会社?

手厚い研修制度に、きめ細かなメンター制度 会社全体で新人の成長を応援してくれる

原田

クレオテックは研修制度が手厚いですよね。新卒入社の場合、まず内定者研修があって、入社後は立命館学園の歴史やビジネスマナーを学ぶ新入社員研修があります。それから各部署での実務研修。その後は3年目まで、フォローアップ研修が続きます。

松本

他の会社に就職した友達に聞くと座学の研修が多いというんです。クレオテックでは実務研修として仮配属制度があり、本配属の前の一定期間、現場で仕事を教えてもらいながら社会人としての基礎を身につけることができます。座学より実践的だし、先輩が温かく丁寧に教えてくださったので、ここまで成長できたのだと感じます。

伊東

マンツーマンの教育担当の先輩がいて親身に教えてもらえますよね。他の先輩もこれまで知らなかったシステムについて、時間をとってホワイトボードに図を描いて説明してくださいました。職場全体で自分の成長を応援してくれるんだと感じました。

松本

それ以外に部署の違う先輩に公私にわたり相談できるメンター制度があって、1年間お世話になりました。1年目はわからないことだらけなので、メンターさんは心強い存在でしたね。

伊東

僕もメンターさんをすごく頼りにしています。悩みや不安を相談した時、「みんなそんなもんだよ」という一言に自分だけじゃないんだと気づき救われました。自分の新人時代の経験をもとに、こうしたほうがいいんじゃないかとアドバイスをくださるので、すごく説得力があります。

原田

私もメンターさんに声をかけてもらい定期的にご飯に行ってました。違う部署だからこそ相談しやすいこともあるので安心できるというか。

松本

年間を通して仕事の悩みとか相談するうちに、単なる仕事上での付き合いの人という意識がどんどんなくなっていって、今では仕事という枠にとらわれず1対1で向き合える先輩後輩の関係です。僕のメンターだった先輩は、今でも仕事について何でも相談できるとても重要な存在ですね。メンターは制度上1年間という期間ですが、実際にはそれが終わっても続いていく関係なんですよね。

一人ひとりに合った研修の機会が与えられる 同期の存在は成長へのモチベーション

伊東

社内研修以外に外部研修に参加する機会もあります。一人ひとりに合った研修を受けさせてもらっているという気がします。

原田

上司に相談しながら、必要な能力を身につけるための研修の受講を検討できますよね。私は3年目研修の一環で外部セミナーに参加させていただきました。社会人として必要な基礎的能力を向上させるセミナーですね。たとえばタイムマネジメントについてのセミナーでは、人間が働くときに効率の良い時間帯は朝の10時頃で、効率が悪くなるのが午後の2時頃と学びました。そういう知識を学ぶと、じゃあ、午後2時からは単純作業を入れようとか。そういう仕事への取り組み姿勢の改善につながる気づきが得られたのはよかったですね。

松本

クレオテックの研修制度でいいと思うのは、2年目3年目というタイミングで同期の仲間が本社に集まってお互いの仕事や課題について話し合える研修があること。みんなそうだと思うけど、毎日同じ場所で仕事をしているとどうしても視野が狭くなってきます。でも、いろんな部署にいる同期と話すと一気に視界が広がるというか。

原田

久しぶりに会うと、みんな本当に多種多様な仕事をしていて、同じ会社でこんなに仕事が違うのかと改めて驚きますね。

松本

同期は何をしているのか、みんながどういう悩みがあるのか知ることができるので、客観的に自分の立ち位置みたいなものがわかって、どれだけ自分が成長できたか確認できます。

伊東

同期だけでなく年の近い若手社員で集まる機会もありますよね。

松本

この座談会でも1年後輩の伊東君を見ていて、入社してからの成長ぶりがわかります。最初はどうにもおぼつかない感じだったのが、今ではすごい自信を持って喋っていて(笑)、1年間の経験の賜物ですね。